光ファイバー回線とは

光ファイバー回線とは、光ファイバーケーブルを利用することで非常に速い通信速度が出るインターネット回線です。

その速度は超高速で、webページの閲覧はもちろん、容量の大きい動画や音楽の視聴やダウンロードも、とてもスムーズに行うことができ、快適にインターネットを利用することができます。

また、ADSL回線はNTT収容局と離れていると、通信速度が低下しますが、光ファイバー回線はNTT収容局と離れていても通信速度が低下することがありません。

ただし、一つの回線を複数の利用者で利用するため、世帯数の多い集合住宅では、光ファイバー回線の利用者が多いほど、一人あたりの回線の通信速度が遅くなってしまいます。
あまりに回線を共有している人が多いとADSLよりも速度が遅くなることもあるので、しっかりと事前に確認をしておきましょう。

また、ADSLとは、電話線を利用することにより、データ通信を高速で行う事が出来る、インターネット接続回線の事です。

ADSLは、大きく分けて二つの種類があります。
一つはADSL専用型というもので、現在使用している固定電話の回線を利用せずに、新しくADSL回線を引くというものです。

もう一つは、電話回線共有型というものです。
こちらは、一本の電話回線をすぷりったを使って、音声信号とデータ信号を分け、電話とインターネットを同時に行うことができます。

ADSLは光ファイバー回線と比較すると通信速度は遅いのですが、webページの閲覧やメールの利用なら、問題のない速さです。
また、月額料金は光ファイバー回線よりも安く済むというのがADSLのメリットです。
ただ、最近は光ファイバーが主流になり、月額料金を売りにした会社も多いので、
ADSLの月額料金の安さというメリットも薄くなりつつあります。